news

2018/05/07

平成30年度の小学校プロモーション映像制作

「故郷はひとつ」と「校歌」を活用してプロモーション映像を制作する本事業ですが、今年度は「表町小学校」と「石坂小学校」の2校に決定しました。


27-28年度は、『小国地域』上小国小学校・下小国小学校・渋海小学校、『越路地域』越路小学校、『三島地域』日吉小学校・脇野町小学校、『栃尾地域』上塩小学校・栃尾東小学校。
28-29年度は、柿小学校、希望が丘小学校、日越小学校、与板小学校で、それぞれのプロモーション映像を制作してきました。


今年度は、3度目の制作です。
これまでと同様に、参加する小学校の児童及び先生、地域を知る大人が意見を出し合い、積み重ねる過程を大切にしながら作り上げるのはもちろんのこと、また新たな挑戦と進化ができればと思っています。
今後の制作の様子は、随時お届けします!

2018/03/22

Mi Amore LIVE Vol.9 in 中之島 ~ なんと学校の体育館がLIVE会場に!! ~

ミ・アモーレライブvol.1から早5年。
宇崎竜童さんが長岡市内の各地域と連携しながら行うライブは、今回で9回目となりました。
毎回、様々な会場で開催してまいりましたが、今回の会場はなんと!!
学校の体育館を借りてのライブです。


その会場となったのは、長岡市立中之島中学校の体育館。
音楽ホールと違い、普段、学校の授業で使用する体育館であるため、ステージや客席、音響・照明といったライブに欠かせないセットは、すべて持ち込み、会場を作り上げました。


前日の準備の様子はコチラです↓


会場準備


会場完成


ライブ当日

開場目前 入口には待機列が!!


ライブ上入り口


そして、いよいよLIVE開始♪

オープニングを飾ったのは、地元・中之島中学校吹奏楽部の皆さん。
アンコールでは【故郷はひとつ 吹奏楽ver.】を任命アーティストの歌唱に合わせて演奏し、素敵なハーモニーが会場を包みました。


久々の吹奏楽ver.ですが、実はこの中之島LIVEの1週間前に開催された長岡市民音楽祭に任命アーティストがゲストで呼ばれ、大人の吹奏楽団体の方々と【故郷はひとつ吹奏楽ver.】を披露していました。
今回のLIVEでは、大人とは違う中学生のフレッシュな演奏にのせての歌唱披露となりました。
更には、ダンスチームとコラボした【故郷はひとつダンスver.】。
様々な場所で、様々な人たちと一緒に奏でるメロディー♪
曲はひとつではあるけれど、繋がる人々によって様々な【故郷はひとつ】をお届けしております。


演奏中


また、中之島中央小学校6年生の皆さんが 会場全体を使っての踊り「結」を披露してくれました。


キッズダンス


宇崎さんも、中之島の子供たちの演目やLIVE初披露となったダンスver.を会場の後ろからしっかりと見てくれていました。


そして、いよいよLIVEのトリを飾る宇崎さんがステージに登場すると、会場内は一気に大人な雰囲気へ…。
宇崎さんの代表曲のひとつ「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」を皮切りに、全14曲とアンコール2曲を歌いあげました♪
中之島の皆さんは宇崎さんのパワフルな歌声に圧倒され、その魅力に引き込まれておりました。


宇崎さん

2018/03/19

柿小学校、与板小学校プロモーション映像 ついに完成!!

やっと!やっと!完成しました。


約1年を掛けて制作したプロモーション映像。
映像を作ることは簡単ではありません。
大人の意見、子供たちの意見、学校の要望その全てをひとつの映像にまとめ上げるために、何度もワークショップを重ね完成にいたりました。


自分たちの生まれ育った地域ってどんなところだろう?
自慢できるもの(場所)って何だろう?
学校では、どんな勉強や行事をしていたかな?


普段何気なく過ごしていることが、実は特別な事だったり、自分たちには当たり前の事でも、他の地域では当たり前ではない。
そんな事を、この映像制作を通して感じてもらえたらいいなと…。


子供たちに願う事は、大人になり故郷を懐かしむ時、この映像を思い出してほしい。
また、大人達はこの映像を通して、自分にとっての故郷とは?を見つめ直すきっかけになってほしいと…。


真面目なスタッフは思うのでした。


小学校プロモーション映像パッケージ